五十音用語解説 タコ猫さん

  タコ猫さん <タコ・ネコ・サン>

 

山形県米沢の郷土玩具・さがら人形のうち、

頭上にたこを乗せた猫の土人形。

五十音店内ではタコ猫さんの愛称で親しまれる。

さがら人形の由来は安永、上杉鷹山公時代にまで遡る。

藩財政立直しのため相良清左衛門が

陶器製造技術の習得と開窯したことを

初代とし、生活雑器のみならず

気品ある土人形を得意としたことに始まる。

現在は八代目を数える。

愛らしい造形は

見るものをなごませるが

のみならず

数々の厄落しの逸話をもつ。

その不思議な体験は五十音店主にも顕れたという。

 

五十音に納められるタコ猫さんは

特別に鉛筆の模様を有する。

文房具に関わる祈願を有する証として

通の評価が高い。

 

広告を非表示にする
http://gojuon.flaggy.jp